ジャズ喫茶 蝶類図鑑

投稿者:

先日、「いーぐる」で出会った私の動画の視聴者さんから聞いたお話。

かつて、京都に「蝶類図鑑」というジャズ喫茶があったという。

もうとっくの昔になくなってしまったそうだけど。

入るのに一瞬躊躇するような店構えで、店内は真っ暗。

そういえば、以前私が通っていた渋谷の「Swing」もそんな感じだったなぁ。
最初に店に入るときは勇気をふりしぼったものです。

で、店内は、というと爆音ヽ(‘ ∇’ )ノ

あまりに音がデカいため、ウェイトレスが注文をとりにきても声が伝わらない。

だから、指を一本たててコーヒー1つと合図を送って注文をするそうだ。

で、そのウェイトレスは知的でカッコいい女性だったという。

なぜ店名が「蝶類図鑑」なのかというと、
店内には蝶の標本箱を壁に飾られているから。

なかなか面白そうなジャズ喫茶だ。

タイムマシンがあれば、ぜひ40年前に遡って訪れてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です