ジャズ入門

難しい? 難しくない?

ジャズに興味はあるけれども、ジャズは難しい!

そう思い尻込みをしてしまっているあなた。

たしかに、ジャズは難しい、のかもしれません。

いや、「難しい」というのは語弊があるかもしれません。

正しくは、ジャズは「奥深い」です。

つまり、難しいものも確かにありますが、だからといってすべてが難しいというわけではありません。

だから、よくジャズの入門記事に書かれている「ジャズは簡単ですよ~」、「親しみやすいですよ~」という誘い文句の半分は嘘で、半分は本当です。

ジャズに限らず、スポーツもゲームもそうですが、簡単すぎればすぐに飽きてしまうし、難しすぎるとすぐに離脱してしまうものです。

ジャズは、そのバランスがとても良い音楽なのだからこそ、ハマった人は飽きずに長続きするのだと思います。

知れば知るほど楽しくなる!

ジャズに限らずですが、なにごとも知れば知るほど楽しくなります。

楽しみが拡がるということは、あなたの感性の幅が広がっている証拠。

楽しみや気持ちよさの幅を決定するのって、情報量と経験値なんですね。

だから、ジャズの知識は知れば知るほど楽しみが深くなる可能性が高いですし、経験値を高めれば高めるほどジャズ鑑賞の歓びも増す可能性が高いのです。

だからこそ、このサイトでは、あなたのジャズを聴く楽しみを増すための記事をアップしています。

入門者の方は、読めば読むほど、少しずつジャズへの興味も増し、聴きどころが掴めていくと思いますので、ぜひ以下に紹介する記事をチェックしてみてください!

いきなり、通になる、マニアになろうなどと考える必要はまったくありません。

少しずつ知識を増やして、聴くジャズを増やして、段階を踏みながら、どんどんジャズを好きになっていきましょう!

ジャズ 有名曲まとめ

こちら

どこかで聞いたことがある。
このメロディ知っている。

お店のBGMやテレビのバックに流れる音楽など、けっこう巷には、ジャズの名曲があふれています。

そして、それらのジャズナンバーの多くが親しみやすいメロディのものが多いです。

あなたが、いつかどこかで聞いたことがあるはず。

そのような、ジャズの有名かつ定番ナンバーを紹介しています。

ジャズ 有名曲まとめ

ジャズは紙に書くと楽しくなる!

こちら

以前私は、『超!音楽鑑賞術』(ヤマハミュージックメディア)という本を執筆させていただきましたが、そこで提唱した「紙に書くと鑑賞が楽しくなる」をまとめた記事です。

ジャズは紙に書くと楽しくなる!

ブルーノートレーベル入門~ブルーノートってどんなレーベル?

こちら

ジャズに興味を持てば、一度ならず聞いたことのある「ブルーノート」という言葉。

ジャズを代表するレーベル、ブルーノートとは、いったいどのようにして生まれ、なぜ「世界最高のジャズレーベル」と呼ばれるようになったのでしょう?

ブルーノートの歴史、他のレーベルとはどこが違うかなどをまとめた記事です。

ブルーノートレーベル入門~ブルーノートってどんなレーベル?

マイルス・デイヴィス、最初の1枚

こちら

4ビートからエレクトリック、晩年はヒップホップと音楽のスタイルを生涯変え続けたマイルス・デイヴィス。
それだけにアルバムの枚数も多いし、アルバムによって音楽の内容もまったく違うので、期待どおりの内容のものに出会えなかった場合の落胆も大?!

そうならないために、まずは「エキサイティングな4ビートを浴びたい!」という人にピッタリのアルバムを紹介した記事です。

エキサイティングな演奏に興奮したい人向け!マイルス・デイヴィス、最初の1枚

名盤『カインド・オブ・ブルー』

ジャズ以外の音楽好きも愛好する超がつくほどの名盤かつ有名盤の『カインド・オブ・ブルー』。とはいえ、初心者はこのアルバムの聴きどころが分からない人もいらっしゃるかもしれません。
せっかくの素晴らしいアルバム、1~2回聴いて「よくわからない」では勿体ない。
もし、そう感じられるのであれば、まずは3曲目のビル・エヴァンスとの共作《ブルー・イン・グリーン》から親しんでいくのはいかがでしょうか?

カインド・オブ・ブルー、最初はブルー・イン・グリーンから聴いてみよう!

バド・パウエルというピアニストを好きになる!

こちら

モダンジャズピアノの開祖と呼ばれるバド・パウエル。

聴かず嫌いの人も多いのではないでしょうか?

しかし、聴かないのはもったいなさすぎます。

バド・パウエルのピアノの魅力、聴きどころを掴めば、虜になってしまうはずえです。

バド・パウエルというピアニストを好きになる!