あなたが好きなサマータイムは?

投稿者:

ビリー・ホリデイ、ジャニス・ジョップリン、チャーリー・パーカー、MJQ、ジェームス・ブラウン、マイルス・デイヴィス、チャーリー・パーカー、レッド・ガーランド、ジョン・コルトレーン、ソニー・クリス……
あなたが好きなサマータイムは?

視聴者の皆さまよりいただいたコメントに対してのアンサー動画です♪
◎コメントをいただいた動画
▼【jazz読み】「サマータイム」より遠く離れて/アルバート・アイラーがない!?

コメント

高松貞治さんからのコメント。

「ニルヴァーナ」のカート・コバーンも27歳で自殺して、死んでいます!特にアメリカなどロックなどの人たちはみんな27歳で死ぬと思い込んで、伝説なっていますが、実はそのことを調べた人がいて、年代別に調べてみると、20代より、30代が、30代よりも40代の方が3000人以上ドラックや病気で亡くなっている人が多いらしいですよ!だからみんな27歳で死ぬと言うのはある意味神話、伝説は嘘で歳が歳をとるほど自然に死ぬ人が多くなるのが実際の事実です!

なるほど、実際はそうだったんですね。
1人で1000人以上の存在感を持つ20代のミュージシャンが亡くなっているから、そういう思い込みにつながっているのかもしれませんね。

TAKESI0506サンからのコメント。

「サマータイム」といえば、私が思い出すのは、何と言ってもシドニー・ベシェが39年にブルーノートに吹き込んだ名演です。ギターを含むリズム・セクションのみをバックに、すすり泣くように吹くシドニー・ベシェのソプラノサックスは感動的です。YouTubeでも聴けるので、是非聴いてみてください。

created by Rinker
¥250 (2023/01/29 15:47:06時点 Amazon調べ-詳細)

ジャニス・ジョプリンについては、スイングジャーナル68年9月号に岩浪洋三さんが書いてます。

女性歌手の第1位に選ばれたジャニス・ジョプリン
 ジャズ&ポップ誌の5月号には読者人気投票の結果が発表されているが、女性歌手の第1位に選ばれたのは今年25歳のジャニス・ジョプリンである。ジャズ・ファンにはなじみの薄い名前だが、それもそのはずで、シスコ・サウンドともいうべきニュー・ロック系の歌手だからだ。ジャズ&ポップの人気投票で、男性歌手はサッチモが第1位だが、女性歌手は従来のジャズ歌手をおさえてジャニスがトップをとったが、彼女の歌はニュー・ロック系とはいえ、ブルースを得意としており、ある意味では新しいタイプのジャズ歌手といっていいかもしれない。昨年末のダウンビート誌の人気投票でも女性歌手として第17位にランクされており、注目株の1人であることには間違いない。
 彼女は現在ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニーのメンバーであり、中心的なソロ・ヴォーカリストとして活躍している。このバンドはR&B的色彩をもった一種のブルース・バンドであり、ジョプリンは白人ではあるが、驚くほど見事なフィーリングでブルースをシャウトする。ベッシー・スミスの影響が濃いといわれるだけのことはある。1943年1月19日にテキサス州ポート・アーサーに生れて、ブルー・グラス・バンドでカントリー・ソングとブルースを歌っていた経験がある。途中からホールディング・カンパニーに入ったが、今は彼女の魅力が中心になっており、自ら作詞、作曲、編曲までを担当、彼女の手になるレパートリーも多い。彼女の歌うブルースは現代的で、ゴスペルやR&Bの影響が強く、エキサイティングにシャウトするものが多く、それがバンドのサイキデリックなサウンドと溶け合って一種異様な興奮とスリルを憶えさせる。彼女の歌とそのグループの演奏は、今月日本でも発売される「アンダーグラウンド・グループの王者」できくことができるが、最近CBSの専属となった。ジャニスが白人にもかかわらずブルースを歌う点が興味深いがグループ・サウンズ自体が白人が黒人のR&Bやロックを歌うことによって生まれたものであることをおもえば、何の不思議もないかもしれない。現代においてはいかに黒人の音楽が支配的になっているかということであろう。
 ともあれ、ジャニス・ジョプリンはジャズ・ヴォーカルの新しい方向を示唆する歌手としても、今後注意深く見守っていきたい人だ。

シドニー・ベシェのこと、すっかり忘れてました!(いかんなぁ)
これはいいです。
昔、はじめて聞いたときはクラリネットかと思いました(いかんなぁ)。

ジャニスのこと、岩浪さん、けっこう評価していたんですね。
なんだか嬉しいです。

ポールジャズ男さんからのコメント。

コンラッド・パシュクデュスキトリオのSUMMER TIME🎶最高にカッコ良いですよ❗

R Kさんからのコメント。

お疲れ様です。
またまた個人的な志向の感想ですがご容赦下さい。

それでですね。
69年にA&Mレーベルからリリースされた〝ポール・デスモンド〟の、アルバム名も〝サマータイム〟をクルマの中でも聴いています。

デスモンドらしいと思うのは、これを〝5拍子〟でプレイしている事です。ドン・セベスキーのオーケストレーションをバックに真夏に聴くのにふさわしい清涼感溢れるアドリブを聴く事が出来ます。40年前からの愛聴盤です。お薦めです。

このアルバムは聴いたことありません。
今度チェックしてみます。

created by Rinker
¥1,900 (2023/01/29 15:47:07時点 Amazon調べ-詳細)

永井勉さんからのコメント。

日本人で唯一ジャニスに声質が近い人です・・・
グリムスパンキー の松尾レミさんは凄いと思います・・・

🎤🎤🎤

キタぜっ!!

野中太喜さんからのコメント。

古希爺さんです、久しぶり、ジャニス!熊本にジャズ喫茶有り

お久しぶりです!

1959 lionさんからのコメント。

今日久々に 
ギル・エヴァンスの
Svengaliを聴きました。
テッド・ダンバーのギターでのサマータイムも
なかなかいいですね〜
ギル・エヴァンスって
あまり聴かないので
全然記憶になかった
こんなによかったとは😅

『スヴェンガリ』、いいですよね~。
私もしばらく聴いていまでんでしたけど……。
もう、あの印象的なジャケ写と音が一致した状態でピタリと頭の中にこびりついています。

created by Rinker
¥2,199 (2023/01/29 15:47:07時点 楽天市場調べ-詳細)