「青」「蒼」「藍」「ブルー」「blue」という言葉で思い浮かぶジャズは?

投稿者:

先日アップした動画「【ライナー読み】ニルス・ペッター・モルヴェルの『クメール』」(こちら)のコメント欄に動画視聴者さまからいただいたご提案にお応えした動画をアップいたしました。

コメント

永井勉さんからのコメント。

コメント返し、ありがとうございます・・・
私の場合は、アルバムのジャケット写真からは、
ジム・ホールのアランフェス協奏曲 ブルー・ミッチェルのブルーズ・ムーズ
ハンク・モブレーのソウル・ステーションなどが最初に思いつきました。
プレーヤー のイメージからは
ビル・エヴァンス・コルトレーン・トニー・ウィリアムスなどの
テクニシャンが蒼いという感じなのかな?と思いました。😅😅😅

ジム・ホールの『アランフェス協奏曲』のジャケットもそういえば青でしたね。
なぜかチェット・ベイカーのラッパに青さを感じる…

博 橋本さんからのコメント。

『青』は真っ先にロリンズの『サキソフォン・コロッサス』😎
オマケで『藍』とくれば『ビル・エヴァンス・トリオ・アット・シェリーズ・マン・ホール』の<ラウンド・ミッド・ナイト>
束の間、エヴァンスが「モンクの藍」より出て、「藍より青く」なる瞬間を感じます🎶

>『青』は真っ先にロリンズの『サキソフォン・コロッサス』😎
ド定番かつド真ん中ですね!
直球剛速球ストライク!

博 橋本さんからの返信。

正調『ブルー・ジャイアント』😅😎

ドロマスさんからのコメント。

出たー!永井さん企画!楽しいですね✨
お盆で雲さんチャンネル聞けなかったので…💧
立て続けに聞きまくっていますー笑
「黒」の回まで聞いちゃっての後だしジャンケンですが💦
「青」は
私も真っ先に「サキコロ」でした!が、同時くらいに「ブリッヂ」も浮かびました✨ジャケット色としては、後者のブルー色が好きですね~
曲のイメージでのブルーは、むむ?と考えこんじゃいました。ブルーなのかブラックなのか…と。ちと考えまーす💦
次は「赤」だー笑

博 橋本さん⇒ドロマスさん

ちょっと大人のブルー・グレイ😄😄😄
赤もお願いします♫♫♫

AAAさんからのコメント。

こんにちは。blueというとやはり月並みに”Kind of Blue”が思い浮かんでしまいます。また巷では結構流行っているらしいアレ、
ここでは全く話題に上らない『ブルー・ジャイアント』も脳裏をかすめますね。僕はあまり興味がなかったのですが、知人と
話しているときに話に出たのでYouTubeに上がっているプロモ画像みたいなものを見てみました。正直、・・・という感じ。
僕は、元々上原ひろみが苦手だったりしましてやっぱりダメでした。なので映画も見ていません。

細かいことですが、”Bitches Brew”のBrewの発音は「ブリュー」ではなく「ブルー」なんですよね。
ご存じの上で「ブリュー」が一般化してしまっているのでそう仰っているのかもしれませんが。
エイドリアン・ブリューはエイドリアン・ブルーではない?(笑)。

『ブルー・ジャイアント』に関しては、ずいぶん前に我が家かかまいち亭でライブ配信した対談の中で所感を話し合ったりはしているんですよ。
ただ、どのライブ配信の対談で話したのか、まったく覚えていないので(汗)、よろしければ探してみてくださいw

「ブリュー」のみならず、「ビッチェズ」も「ビッチーズ」のほうがより正確なのですが、もはやすでに日本では『ビッチェズ・ブリュー』という言葉が広く流通し強固に定着してしまっているので、その表記に則って話をすすめるというような前振りが中山康樹氏・著の『ビッチェズ・ブリュー』の冒頭に書いてありました。

青嵐さんからのコメント。

初めてメール差し上げます。「jazzな話」いつも楽しんでおり、有り難う御座います。ボビーティモンズの「ボーン・トゥ・ビ-・ブルー」が思い浮かびました。ティモンズとリーモーガンが大好きなので。「ブルー・トレイン」というアルバムもありましたね。どうしてピアノがケニードリューなのでしょうか、ティモンズを使えばいいのに。ティモンズを使うとコルトレインがますますリーモーガンに喰われて、ハンクモブレーの「ディッピン」みたいになることをライオンさんが心配したのでしょうか。高野さん如何お考えでしょうか。

パーソネルの人選はライオンではなくコルトレーンが行ったようです。
つまり、コルトレーンの要望で、わざわざ他レーベル(リヴァーサイド)と契約中のケニー・ドリューが起用された。クレジットを入れるという条件付きで。
なので、『ブルートレイン』は、当時のプレスティッジ(コルトレーン)、リヴァーサイド(ケニー・ドリュー)という勢いのあったジャズレーベルに所属していたジャズメンたちの共演(饗宴)でもあったわけなのですね。

お金を貸してくれたライオンへの恩義と、その借りを返すために、ほとんどの曲を作曲し、さらに自作曲にはこの楽器奏者に演奏してもらうと良い出来になるだろうと、コルトレーンはかなり気合を入れて音楽設計図を頭の中に描いていた。それがたとえ他レーベルのミュージシャンであっても。
傑作が生まれやすい諸々の条件が整った状況の中で、やはり傑作が生まれたというわけなのです。

2019 enchanさんからのコメント。

動画配信ありがとうございます。コルトレーンの『ブルー・トレイン』ですね(#モーメンツ・ノーティスが最高!)。あとグラント・グリーンの『アイドル・モーメンツ』ですね(#ジャンゴが最高!)。どちらもジャケット青なので・・・です。ちなみに『緑』の方でグラント・グリーンを挙げることは流石に勇気がありませんでした。

挙げればよかったのぬぃ~んw
『グランツ・ファースト・スタンド』や『グリーン・ストリート』のような緑ぃ~んなジャケットもあることだすぃ~んw

created by Rinker
¥3,703 (2024/02/28 14:40:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥879 (2024/02/28 14:40:13時点 Amazon調べ-詳細)

今戸の狐さんからのコメント。

やはり青のイメージは『カインド・オブ・ブルー』が強いですね。
個人的にはゲイリー・バートンの『クリスタル・サイレンス』に澄んだ青色を感じます。

たしかに澄んだ青色を感じます!

created by Rinker
¥1,364 (2024/02/28 14:40:14時点 Amazon調べ-詳細)