超テキトー!ジャズレビュー(評論文)の例文集〜ボビー・ハッチャーソンの『ハプニングス』とヴィブラフォン奏者

投稿者:

以前アップした動画「ジャズ・ヴィブラフォン ボビー・ハッチャーソンとミルト・ジャクソンの魅力を少々」(こちら)にいただいたコメントに対してのアンサー動画をアップしました。

コメント

TAKESI0506さんからのコメント。

吉村浩二さんというと、ブランフォード・マルサリスのアメリカの「プレイボーイ」誌93年12月号に載った発言に対して、スイングジャーナルに感想を書いていたのを思い出しました。

ブランフォード・マルサリスの発言

「日本人はジャズの歴史や遺産については詳しいが,ボクらの音楽を理解しているとは思えない。ただ唖然と眺めているだけなんだ。きっと誰かにすすめられて来るんだろうけど,ただ頭をかきむしって拍手して帰るだけなんだ。クラブはまだいいけど大きなホールに来るお客っていうのは変わってるよ」

吉村浩二さんの意見
『〝わかる〟〝わからない〟を巡って、音楽を愛するようにそれを聴いてくれるファンを愛することは永遠の課題

 聴く人が素晴らしいと思う音楽が、素晴らしい音楽。ぼくは、そう考えている。
 このことは、他のすべてのことについてもそうだと考えている。飲む人がおいしいと思うワインが、おいしいワイン。食べる人がおいしいと思うスパゲティが、おいしいスパゲティ。たとえが偏ってしまったかもしれないのだけど、ぼくは、そう考えている。
 こういうテーマになった時、〝わかる〟と“わからない〟という言葉が出てくることが、ぼくには、よくわかりません。
 ワインを飲みたいと思っている人には、はじめて飲んだとしても、プイイ・ヒュイッセのふくよかさははっきりと感じられる。
 それは、ワインを作る人たちが、その味を目ざして一生懸命に頑張っているからだ。ワインを飲む人たちが、ああ、ふくよかだなあと感じるその味を目ざして。
 ぼくは、ものを作り出すこと、そして生きるということはそういうことだと、考えている。
 そして、それをやっていく上で、一番むずかしい問題になってくるのが、カスタマー、コンシューマー、クライアント、つまりそれを味わって楽しんでくれるお客を愛するということ。
 これは、別に、ブランフォード・マルサリスをはじめとするアーチストたちだけではなくて、ぼくたちの毎日の生活の中で、経験することだよね。
 アーチストは、もちろん音楽を愛しているのだけど、それと同じように、音楽を聴いてくれるファンを愛するのは、とてもむずかしい。
 生きていく上での、永遠の課題だなあ。
 課題や宿題が大切だというのは、みんなよくわかってはいるのだけど、時々、やりたくないということもあります、ブランフォード・マルサリスは、ちょうどそんな気分の時なのだと、ぼくは、思うのだけど』

このブランフォードの発言に対しては小川隆夫さんや瀬川昌久さんも意見を述べてますが、代表として寺島靖国さんの過激な反論を上げておきます

『余計なお世話と言いたい!
ジャズは聴き手の自由なのだからミュージシャンに聴き方を云々される必要はない

まずブランフォードの「日本人はジャズがわかっているのか」という発言。余計なお世話といいたい。大体アンタのテナーにジャズを感じたことはないんだ。調子よくフワフワ鳴っているだけ。コンサートのお客も「こいつ身体張ってないな」とわかるから白けちゃうわけだ。ウイントンを見ろ。この間のピットインのコンサート。オレにはジャズしかないという感じで、あの厚い胸がはりさけるようにして吹いた。客席が総立ちだった。くだらないこと言ってるヒマがあったら弟のように「ジャズ命」という感じで吹けるように練習したらどうだ。
 まあ、あの郵便貯金とか、ああいう会場がよくない。もう、ああいうところでのジャズ・コンはやめにしたら。戦後と違うのだ。ツバキがかかるようなところでなければライブはつまらない。
 それと、本誌2月号の「論点94」の後ろのほう。読んでいて青スジが立ってきた。「入魂のオリジナルよりスタンダードを散りばめた作品が売れる不思議……この人たち本当にジャズがわかっているのか」だと? わかっているからスタンダード入りを買うのだ。なにが「入魂」だ。愚にもつかない旋律のつまらないオリジナルを書いて「入魂」が笑わせる。スタンダードよりいいメロディーを書いてみろ、と言いたい。皆んなそれを待っているのだ。「ハード・バップが偏愛され過ぎる」だと? お金を出して買うのに、誰がつまらないジャズを買うものか。ハード・バップがいちばん面白いからそれを買うのだ。「常に進化(深化)すべきジャズ」だと? ハード・バップを深化すればよいのだ。ジャズはハード・バップに決まっているのだ。
まあ、要するにジャズは聴き手の自由だということ。ミュージシャンに聴き方を云々される必要はない。われわれはミュージシャンがわかるようにはわからないが、われわれがわかるようにはミュージシャンはわからないのだ』

そうなんだぁ。
生きていく上での、永遠の課題だなあ。
そして生きるということはそういうことだと、僕はそう考えている😆

Humanflyさん⇒TAKESI0506さん

コメントさせていただきます。
吉村さんは、(レイ・ブライアントについて書いた文章でしたか)「優れたものは受け手に何も強制しない」という書き方をされていましたね。そういう点では、寺島さんに近い立場なのでしょうが、「強制しない」という柔らかい姿勢を支持する人たちの間で、言い方がここまで柔らかいものと攻撃的なものに分かれるのは何だかなー、という感じはしますね

あと、ブランフォードもこの手の炎上(という言い方を敢えてします)多い印象ですね。

名言ですね!
>「優れたものは受け手に何も強制しない」