ゲッツはいいよ!〜譜面を離れること/予備知識なしでも直感的に「くる」ジャズ/奏者独特の持ち味

投稿者:

動画「マイルス・デイヴィスって何?どこがスゴイの?!」(こちら)に市長様よりいただいたコメントにアンサーした動画をアップしました。

コメント

MrNOBUchanさんからのコメント。

チャーリー・パーカーは、34歳で死ぬまで酒・ヤク・女に耽溺することを卒業できなかったにもかかわらず(卒業しなかったからこそ??)過去、誰も生み出せなかった激烈な音楽を創造しおおせましたね。まことに百年にひとりの天才じゃあと彼の音の足跡をたどるたびに何度も再認識してしまいますが、そうは言っても、友達・同僚・お隣さんには間違ってもなりたくない類の人間ではあります。プロのジャズ・サックス奏者は個人事業主ということになるのでしょうが、一社会人として、公務員、民間企業の社員とかはまず絶対に勤まらない人物ですね。若きマイルス・デイビスも、黒人ながらイリノイ州の裕福な歯科医の息子だったからか金回りは当時から良かったらしく、何かというとパーカーに集られていたそうです。

マイルスは成功したから「授業料だった」と思えば前向きに解釈することもできますが、その他大勢の人たちは、「バードにタカられカモられた」だったんでしょうねw

龍 大阪さんからのコメント。

龍大阪です。いつもコメントを取り上げていただいて、ありがとうございます。
そうやって、短いスパンで、youtubeに動画をアップする人知れない努力、頭が下がります。私も、youtubeに動画をアップすることもあるのですが、編集してアップロードする時間を耐えるのは、なかなかしんどいです(笑)。
そんで、マイルスあるある、の、もうひとつは、実は、簡単です(笑)
1970年ぐらいからの電化マイルスは、一貫してパーカッションを入れている、ということです。
これは、マイルスのファンク的な思考から来てるのかなと思っています。とにかく、激しいリズムがいるのだと。
ダブルドラムでやるというのも、ひとつの方法論だし、「オンザコーナー」では、たしか、ダブルドラムを試していたような?
youtubeで、今は普通に見ることが出来る、ワイト島のフェスティバルのマイルスの演奏。アイアート・モレイラのパーカッション。「ディレクションズ」から始まる、あの、緊張感。そこに、アイアートの、あの、なんか、金属の筒みたいなのに手を入れて、「キキュ、キキュ」てやる感じ。たまらん。アイアートは、もちろん、コンガとかスネアドラムとか、普通の打楽器もできるのだけど、マイルスバンドにいたときは、打楽器的なものでなく、巨大な首飾りみたいなのをワシャワシャやったりと、変態性を発揮していた。
結局、ライブパフォーマンスとしては、最後まで、マイルスはパーカッションありのバンドで演奏していたと思う。

おっしゃる通り確かにある次期以降のマイルスは晩年までパーカッション入れてましたね。
最晩年の頃は(4弦ギターのフォーリーがいた頃です)、名前忘れましたが、パイロットがするような革手袋をつけた人が、電子パーカッションのパッドを「ポコッポコッ」と叩いていましたしね。

YouTube動画作成は、ラクする方法(手抜き時短方法)を常に追求していますので(笑)。
ネタにも困らないのは、視聴者さんたちからのコメントのおかげです♪

トイペット愛玩具さんからのコメント。

確か以前タワレコのフリーペーパー「intoxicate」に60年代のマイルスクインテットのメンバー関係を「1人ののび太(マイルス)と4人のドラえもん(ウェイン、ハービー、ロン、トニー)に例えていたコラムを見掛けて思わず合点した記憶があります。このライターの方(名前は忘れましたが)は、何でもコントロールしたがるウィントン・マルサリスと比較してこう述べていましたが、いざとなったら、まな板の上の鯉にだってなれるのがマイルスの真の凄さなのかも知れませんね。

のび太1人に対してドラえもん4人は、なかなか辛いですね(汗)。
でも、そのニュアンス、なんだかわかるような気がします。
色々なものが、それも予想外のものが、次から次へと飛び出してきそうな気がしますね、あの4人のドラえもんたちからはw

じゅんいちさんからのコメント。

スタン・ゲッツいいです。プレスティッジのクァルテッツは難しいとされている盤で気が引けますが聴いてみると古臭さ皆無で結構カッコイイです。でも個人的に好きなのはドルフィン。

難しいとされている盤だったんですか?!
クール時代のゲッツの作品、クール⇒難しそう
そういう先入観を抱いた人たちによる言説なんでしょうかね。
ひんやり心地良い肌触りながらも、内側はハートウォーム。
この「触感」だけでも大変心地良いアルバムだと思うんですけどね…(あと、スタン・ゲッツ・プレイズも♪)

created by Rinker
Concord
¥1,591 (2024/07/23 23:15:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
CD
¥1,459 (2024/07/23 23:15:44時点 Amazon調べ-詳細)